20年前、私がインド料理で一番好きだったカジュアルな南インド料理の店、Sagarへ行ってきました。
F6EFF60E-6A6A-4F10-A9FE-376C985553D2
まだ存在していることに😭。
変わらない味に😭😭。
更なる発展を遂げていることに😭😭😭。

このSagarは初駐在の時、在インドの奥さま方に、「ディフェンス・コロニーに有名な美味しい南インドのお店がある」と言われ、連れて行って頂きました。
そして、銀色のお盆にのった、塩味、苦み、酸っぱ味、渋味、甘味 辛味と、6つの味覚を味わえるターリーを頂きました。それは、衝撃の美味し体験。

こちらがそのサガール・スペシャル・ターリー、275ルピー。
7FA5E23A-EC80-44CA-AAFE-12BEFAEAD80B
右側ヨーグルトの下にあるサンバルはおかわり自由。


(南インド料理の説明がわかりやすいページ)↓

当時、インドで人生最大の腹下しをしてから、インドのカジュアルなお店での食事を大いに怖がっていたので、ここでのお食事と、リシケシのアシュラムで頂いたお食事は、インド生活に臆病にならない為の大切な瞬間でもありました。
以来私にとってのインド飯No.1はここでした。
本帰国後は二度と食べられないと思っていたのですが、Sagar Ratnaはフランチャイズ化し、インド全国、それからアメリカ、イギリス、オーストラリア、シンガポールに出店。
なんと、お店は私の想像の範疇を超えてはるかに大きくなっていました。
オーナーのJayaram Bananさんは月18ルピーの皿洗いからここまでになられたそうです。

お店は、スイーパーという床拭きのお仕事を始終している方がいて、カジュアルな店なのに、白い大理石の床がいつもピカピカ。店内で働く人々も何度もアルコール消毒。みなさん、キビキビ働いてマスクの上から笑顔が伝わります。
デリバリーもありますが、揚げたてプーリーや、
83320CB9-8202-4A14-B612-451FD24E74BF

カリッ、サクッとしたドーサ(写真はホットガーリックドーサ)
C4E520EF-B369-440B-9CD8-FACC7C69CF86
そしてふわっふわっに盛られたご飯は、
B9589F6D-A75B-42CF-82B6-AFE5D11BCF7C
お店でないと食べられないと思います。

ターリーの数々のお皿の中にある、酸っぱ辛いrasam。 78DF5CF5-AE6D-4A3C-9654-E56ACDA28EE8
 食べ進めていくと、コレがマサラ入り梅昆布茶みたいな味になり、大大大大好きなのですが、このスープをまた頂けた事が本当に本当に幸せで嬉しかった。ホントは、白いふわふわご飯にかけて、ざぶざぶ食べたい。いつかそうさせてもらおう☺️。

大好きなので改めてオーダーしてしまった、Rasam115ルピー。
9376A6DC-E7AC-40FA-A669-47BF03DF37AE
泣けます。

530F85C3-9E95-44FE-8033-1A0ACB3E2F9A
塩ライムソーダ☺️、80ルピー。
私は飲み物にストローは使わないのですが、お店では紙ストローがサービスされました。
A98D9537-7DF0-47A4-B879-6B556903C07A

このレストランオーナーのインド出世物語⬇︎


Sagar Ratnaのホームページ


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村